山菜はじめ。天然の自然薯収穫と焚き火を囲む食の会

わさび田は人間が住まない山奥にあり、毎回動物との遭遇がハラハラドキドキ

● 募集中


日時

2019年2月11日(月) 09:30 - 16:00

参加費

6,000円

場所

神戸地区の山中

このツアーについて

〇開催概要

東京都の山の中、檜原村。
かつては生産組合があり、村内中で栽培が積極的に行われてきたわさびですが、近年高齢化と後継者の不在でだんだんと野山に帰りつつあります。

わさび田は人間が住まない山奥にあり、毎回動物との遭遇がハラハラドキドキ。

今までに吊り橋造りワークショップを行うなどの道の整備や、わさび田そのものを整備する石積み学校の開催を通じて、だんだんと元々あった形が見えてきました。

このわさび田に来ると、なんだか今まで来るまでに抱えていた不安がなくなり、解放された気分になれます。場所にほれ込み、地道に活動し続けてきました。

今回は、いつもの作業メインではなく、季節の食材を楽しむイベントです。冬の寒さが厳しい檜原村ですが天然の自然薯(じねんじょ)の本格的な時期となる2月、山にて掘りだします。
また、時期が合えばフキノトウも採れる、かも。

旬を迎えるわさび、山菜を使った汁物などを予定。

さあ、東京の源流で旬を!!

イベントスケジュール
10:00 わさび田への登山道・出発
    山菜を採りながらわさび田へ
11:30 わさび田着 わさび田と周辺見学
12:00 昼ごはん作り(釜焚きご飯と山菜汁、ミズなどを使った一品)
14:00 わさび田見学・作業など
15:00 下山開始
16:00 解散

持ち物
・動きやすく汚れても良い服装
・長靴かくるぶしより高い登山靴(水場に行くため)
・軍手(なるべく防水が望ましい、なければ準備します)
・雨具(雨に備えて・作業着)
・飲み物
・タオル
・行動食(おやつ)
 
申込・問合せ連絡先
エコツアーガイド 細貝(080-1280-2144)
 
主催者情報
檜原村わさび田復活プロジェクト
https://www.facebook.com/wabi3biya/


ガイド・講師

細貝和寛

→ プロフイールを見る


ツアー概要

ツアー名

山菜はじめ。天然の自然薯収穫と焚き火を囲む食の会

日時

2019年2月11日(月) 09:30 - 16:00

参加費

6,000円

プロジェクトの活動費充当。保険代、昼食費込み

*参加〆切:2月8日(木)~12時
 
*開催中止の通知について
1日前の時点で強い雨の予報に変わった場合は、中止します
→小雨決行(幻想的な景色が望めます)

場所

神戸地区の山中

集合場所
 
・電車とバスでお越しの方
9:20に「本宿役場前」バス停
武蔵五日市駅前 バス1番のりばで9:00発の数馬行にお乗り下さい。料金は420円です
 
・自家用車の方
9:30に檜原村役場前(東京都西多摩郡檜原村467-1)に集合

定員

6名

車の都合では3人まで、参加者同士の乗り合わせも検討

*最小催行人数:2人

新着情報などはこちらから


山菜はじめ。天然の自然薯収穫と焚き火を囲む食の会


← エコツアー一覧に戻る