森の忍者 ~ プチ忍者修行体験 ~

*ファミリーを対象とした子ども向けプログラムです

● 募集中


日時

2020年10月17日(土) 10:00 - 12:00

2020年11月22日(日) 10:00 - 12:00

参加費

子ども1,500円/大人500円

場所

南郷地区「檜原村 教育の森」

お申込みはメールで受け付けております。

info@fujinomori.net

(※10/17満員間近)
(※11/22は現在満員です)
メールのタイトルに「10/17 or 11/22 教育の森 プチ忍者修行参加申込」と記載の上、ご参加希望の方全員のお名前、住所、連絡先電話番号、生年月日(保険用)、緊急連絡先と交通手段(自家用車 or 電車バスなど)を記載の上お申し込み下さい。

このツアーについて

「 森の忍者 ~ プチ忍者修行体験 ~ 」

プチ修行体験は、日本人の文化である「忍びの技術・和の心」を育てる体験プログラムです。

九字護身法、手裏剣術、などなど、体と頭を動かしながら、楽しく修練していきましょう。

帰るころにはみんな忍者のはしくれへ。

そういえば、そもそも「忍者」って何者なんでしょう。

何をするのがお仕事なのでしょうか。

いつからいたのでしょうか。

そう、忍者を知ることも現代を生きる忍者への大事な一歩です。

東京の「村」、檜原村(ひのはらむら)にある「教育の森」。

実は忍者の里であったと考えられている檜原村で忍者になってみませんか。

ガイド紹介

甚川浩志(風魔一党指南役・野人流忍術主宰)

檜原村の入口にある「檜原城」は、戦国時代には、隣国の武田領を臨む最前線の城でした。
要衝に地にあった檜原は、双方の情報収集の要。当時は「忍者」という言葉はありませんが、風魔(北条方)や三つ者(武田方)と云われる「忍び」が暗躍した場所でもあったはずです。
日本では「忍者」というと、子供向けのエンターテインメントのイメージになってしまいますが、日本文化の神髄は「武士道」の裏側にある「忍術」にあるということに気づいた世界の先進層が、日本に「忍術」を学びに来始めています。
本ツアーガイドの甚川は、そんな世界の先進層を対象にディープな修行体験も提供しているほか、北条の本城がある小田原から「風魔」のブランディングを仰せつかり、これまでのエンターテインメント路線とは異なる「文化体験」や「教育プログラム」の開発を行っています。

著書:「職業は忍者 激動の現代を生き抜く術、日本にあり!」(新評論)


ガイド・講師

甚川浩志

→ プロフイールを見る


ツアー概要

ツアー名

森の忍者 ~ プチ忍者修行体験 ~

日時

2020年10月17日(土) 10:00 - 12:00

2020年11月22日(日) 10:00 - 12:00

参加費

子ども1,500円/大人500円

保険代込み
昼食代込み(カレーライス)

場所

南郷地区「檜原村 教育の森」

・自家用車の方
 敷地内に駐車スペースあり

・公共交通機関の方(電車・バス)
 【乗車】「JR武蔵五日市駅」前より、9:00発「数馬」行きのバスに乗車(約30分)。
 【下車】「南郷」バス停にて下車、バス停より徒歩5分。
 
(ご不明な点があればNPO法人フジの森:042-598-6928まで)

(※帰りは13:40に「南郷」発「武蔵五日市駅」行のバスがございます。)

タイムスケジュール

~10:00 檜原村 教育の森 (集合・受付)
10:00〜 忍者修行開始
12:00 修行終了
昼食
解散

持ち物

・動きやすい服装と靴(忍者装束も可)
・飲み物(教育の森には自販機等がありません)
・虫よけや常備薬など

その他

・体温調節がしやすい服装をおすすめします(教育の森は日光と同じくらいの標高です、肌寒いかもしれないと思ってください。)

・荒天の予報など、ガイドの判断で開催不適と判断した場合は中止といたします。


森の忍者 ~ プチ忍者修行体験 ~

お申込みはメールで受け付けております。

info@fujinomori.net

(※10/17満員間近)
(※11/22は現在満員です)
メールのタイトルに「10/17 or 11/22 教育の森 プチ忍者修行参加申込」と記載の上、ご参加希望の方全員のお名前、住所、連絡先電話番号、生年月日(保険用)、緊急連絡先と交通手段(自家用車 or 電車バスなど)を記載の上お申し込み下さい。


← エコツアー一覧に戻る