ガイドからのお知らせ ③

緊急事態宣言を受けて|エコツアーガイド 細貝より

● 募集終了


日時

2020年4月21日(火) 00:00


このツアーは募集終了しました

こんにちは!
新潟出身、檜原村でエコツアーガイドとして年間通じた企画を行っている細貝です。

外出自粛とはいえ、檜原村内では平日、土日関係なく観光客の往来は止まっていませんね。

移住して感じるのは自然の変化が生活と結びつき、それでいて地元の人との距離感が程よく過ごせる環境ということですが、都心や県外の方たちの避難場所として考えられるのはちょっと違いますよね。他の人もいるからではなく、一人一人の意識持っていきましょう!

さて、簡単な自己紹介ですが、元々は大学卒業後に檜原村地域おこし協力隊の第2期として活動し、2019年3月に卒業しました。

エコツアーに関連しては、活動期間中に立ち上げたプロジェクトがあります。

1つ目は「檜原村わさび田復活プロジェクト」。かつて産業として確立していた”わさび”を再興させ、観光産業に発展させていきたい想いから。2つ目は「ひのはら放課後クラブ」。今、地元の人に教わらなければ継承されずに忘れられてしまう生活文化や技術を聞き書きの活動を通じて体験企画へと昇華させ、畑から山まで当たり前の村の暮らしをお届けしています。

その他にも複数の活動はありますが、移住者を中心に活動している「檜原村新農業組合」、わさび田再生の要となっている「檜原村石積み合宿実行委員会」があります。

現在は2019年4月より檜原村内で林業を中心に元鍛冶屋での鍛冶屋復活に向けた手伝いなど、ありがたいことに村の中だけで生活ができていて、プロジェクト自体は土日を中心に活動しています。

体験企画を中心としたエコツアーは自粛していますが、活動は地道に続けているので季節の変化を目で、そして村に移住してから始まった花粉症など他の感覚もフルに活用されています。

これからのエコツアーができない中での予定ですが、わさび田の再生は変わらず活動していき、”人を呼べるわさび田”をテーマに活動拠点をわさび田に作り、栽培が本格化してからは山菜関連事業の商品化を見据えて活動していきます。

また、村の文化技術伝承を中心としたプロジェクトは幅広い分野に展開できるように、体験ではなく情報収集を行い、整理する期間として家で過ごす日々が続いていきます。

活動に関する情報発信は、別途立ち上げる予定のホームページも活用しつつ、不定期ですがFacebookページにて更新しているので、チェックしてみてください!

ひのはら放課後クラブ
https://www.facebook.com/hinohara.mukashiasobi/
檜原村わさび田復活プロジェクト
https://www.facebook.com/wabi3biya/
檜原村新農業組合
https://www.facebook.com/HinoharaWeekendFarmers/
檜原村石積み合宿実行委員会
https://www.facebook.com/hinohara.stoneworker/?modal=admin_todo_tour

今後とも応援していただけると、嬉しいです。

それでは、今を乗り切って輪を囲んで笑える日を迎えられますように。


ガイド・講師

細貝和寛

→ プロフイールを見る


ツアー概要

ツアー名

ガイドからのお知らせ ③

日時

2020年4月21日(火) 00:00


ガイドからのお知らせ ③

このツアーは募集終了しました


← エコツアー一覧に戻る