【予告】今日から里山サポーター ~間伐・薪割り体験~

薪づくりに必要な作業を全部体験できる1日

● 募集中


日時

2019年10月20日(日) 09:40 - 15:30

2019年12月22日(日) 09:40 - 15:30

参加費

5,000円

場所

本宿地区「ふるさとの森」

お申込みはメールで受け付けております。

info@fujinomori.net

メールの題名に開催日と「里山参加申込」を記載の上、①ご参加希望の方全員のお名前②住所③連絡先電話番号④生年月日・血液型(傷害保険用)⑤緊急時の連絡先(ご家族等)⑥交通手段(自家用or電車バス)を記載の上、お申し込みください。

★★開催日4日前までにお申し込みください★★

このツアーについて

【里山づくり体験プログラム】
間伐・薪割り体験

(⁂安全講習を行ってから、楽しく森づくりの実習を通して、知識の向上と技術を習得します。)
・・・・・

里山づくり体験プログラム。伐木した丸太(間伐・枝払い・玉切り)を薪サイズに切り、薪割りをします。約1年乾燥させ、燃料にします。

内容調整中、決定次第更新致します。

~間伐・薪割り体験~ 伐木した丸太(間伐・枝払い・玉切り)を薪サイズに切り、薪割りをします。約1年乾燥させ、燃料にします。

スギの人工林で、間伐を行います。
(※間伐…健全な森林環境を保つために一部の木を伐採すること。)
間伐した木は、ノコギリで枝を払い、丸太にして、薪の長さ(40㎝)に切ります。これを玉切りといいます。
午後、玉切りした丸太を斧で、割ります。斧も色々あり、日本の和斧、ドイツ製の洋斧、重さの違いもあり、それぞれ自分の体力、体格にあったものを選びます。
木を伐ったばかりの丸太は、まだ湿っているので割り易く、乾燥してくると段々固く、割りにくくなることがあります。
割った薪は、半年ほど乾かすと薪として利用できます。
冬になれば、ふるさとの森管理棟の薪ストーブで燃やして暖を取ることが出来ます。ただし、燃やす薪は。半年から1年に割った薪です。
このように薪割りは、半年、1年後も地球は滅びないと信じる楽天的な人の作業ということですね。(^^;)


ガイド・講師

宮内功

→ プロフイールを見る


ツアー概要

ツアー名

【予告】今日から里山サポーター ~間伐・薪割り体験~

日時

2019年10月20日(日) 09:40 - 15:30

2019年12月22日(日) 09:40 - 15:30

参加費

5,000円

昼食・傷害保険料込

場所

本宿地区「ふるさとの森」

集合場所

「ふるさとの森駐車場」もしくは「本宿役場前バス停」

自家用車の場合9:40頃に直接、檜原中学校上の「ふるさとの森駐車場」までお越しください。
 
電車・バスの場合
JR武蔵五日市駅から9:00発「数馬」行きのバスに乗車、「本宿役場前」で下車してください。スタッフがお迎えに上がります。

持ち物

・汚れてもよい服装(長袖・長ズボン)
・手袋(滑り止め付の軍手や作業用手袋)
・履物(森の斜面で作業ができるもの、トレッキングシューズ・軽登山靴や地下足袋など)
・雨具(山の天気は変わりやすいので)
・水筒または保温ポット
・行動食(おやつ)
・着替え
・持病薬
・保険証
(※ヘルメットや道具類はこちらでご用意します)

定員

10名


【予告】今日から里山サポーター ~間伐・薪割り体験~

お申込みはメールで受け付けております。

info@fujinomori.net

メールの題名に開催日と「里山参加申込」を記載の上、①ご参加希望の方全員のお名前②住所③連絡先電話番号④生年月日・血液型(傷害保険用)⑤緊急時の連絡先(ご家族等)⑥交通手段(自家用or電車バス)を記載の上、お申し込みください。

★★開催日4日前までにお申し込みください★★


← エコツアー一覧に戻る